10万キロ走行車、過走行のジムニー買取査定

ジムニーの中古車は、過走行車も多く、10万キロ以上走行した車の売却をお考えのジムニーオーナーさんも多いのではないでしょうか?
しかし、中古車市場では、走行距離は、中古車価格の大きく影響する要素で、過走行車は需要が極端に少なくなるため、車買取業者や中古車販売店でも積極的には買取してくれないケースも少なくありません。
その為、過走行車、10万キロ以上走行した中古車の買取査定、買取価格は低くなることがほとんどです。

 

10万キロ以上、過走行のジムニーの売却をお考えなら少しでも評価を高くしてくれる業者に売却したいですよね!
過走行車は、中古車として売却する際に、結構、査定価格の差が出やすい車です。全評価してくれない業者もありますし、逆に走行距離のマイナス分を程度などでプラス評価してくれる業者などもあります。

 

また、ジムニーという車の特性上、過走行車でも高評価、高査定をしてくれる業者もあります。ジムニーの場合、加走行もマイナス査定になりますが、どちらかというと程度やメンテナンス、事故歴、修理歴などの方が重視されることも少なくありません。

 

あなたのジムニーが過走行、10万キロ以上走行していて、中古車として適正な評価で売却出来るのか不安のある方や少しでも高く売りたいと思われるのなら出来るだけ多くの業者の査定が有利になります。ですので簡単に複数の査定が依頼できる車買取一括査定サイトは便利で利用する価値のあるサービスです。

 

過走行車など中古車売却の際に不安のある車は、多くの査定依頼でその車に興味のある業者を探すことが出来るので、少しでも評価して頂けると思います。

 

10万キロ走行のジムニーの買取査定ならコチラ

 

軽自動車の10万キロ超の中古車ってどうなの?

軽自動車の中古車走行距離には敏感だと言えます。普通車でも10万キロ以上走った中古車は見向きもされない車種も多いのですが、軽自動車は特にエンジンが660ccという事も有り、過走行の中古車は嫌われる傾向にあります。

 

では、10万キロ走ったジムニーの中古車はどうなのでしょうか?
実際、ジムニーも10万キロ以上走行していれば中古車価格は思わしくありません。10万キロ走っているという事は、年式もそれなりに行っていると思います。しかし、ジムニーは軽自動車の中でも年式や走行距離には鈍感な車種で。結構、古い年式や過走行のジムニーでも中古車市場に出回っています。

 

オフロードカーは、年式や走行距離に強い車種が多く、普通車ならランドクルーザーなども年式や走行距離に関係なく、中古車市場でも販売されています。また、比較的、査定価格も安定している車種です。
ジムニーもランクルと同じように軽自動車のオフロードカーでも人気が高く、年式、走行距離が10年、10万キロ以上過ぎていても買取や査定をしてくれることが多くあります。

 

10万キロ走っているジムニーも意外に高い査定価格、買取価格の提示もあることがあるので、まずは、中古車買取相場を知る為にも車一括査定サイトを利用して買取価格を調べてください。